報告

5月の報告

さわやかに晴れた19日、4ヶ月ぶりのお直し和裁研究会を開催しました!

・・・とはいえカメラを忘れてしまったので画像なしです、すみませんm(__)m

今回の参加は、夏結城?をお持ちのおりんさん、夏帯と夏大島をお持ちの亜梨。さん、麻の長襦袢をお持ちのsana-mamaさん、と単衣の季節に向けて皆さんやる気満々!!あ、でもお直しには季節はありません。道行をお持ちのぱりすさん、そして今回初参加のオリヒメさんはなんと振袖の長襦袢をお持ちでした!来年のお嬢さんの成人式に向けて着物に合わせてのサイズ直し、1回では終わりませんでしたが(こちらの勉強不足で説明がうまく出来なかったせいもあります、すみません!!)頑張りましょう!!

これからも、月いち・・・をお約束はできませんが(汗)時間ができればなるべく開催しますので、よろしくお願いいたします~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月のご報告

11月は私たちの都合が付かなくてお休みしましたが、今月は無事開催することができましたhappy02

12月だというのに、日差しの暖かい日で。。。ヒートテックを着ていた私(百合)は坂を上って会場入りしたときはうっすらと汗ばむほどでした(!)

さてさて今回の参加者は亜梨。さん、おりんさん、dariaさん、ninaさん、ぱりすさん、雅紀さんでした。ちなみに6名の参加は過去最高!

会場の和室が狭く感じられるほどでした。(なのに百合は遅刻してスミマセンsweat02

亜梨。さんは単衣の裄丈直し、おりんさんは短い帯を長くする、dariaさんは袷の袖丈直し、ninaさんは紬の袷の裄丈直し、ぱりすさんは銘仙の羽織の裄丈直し、雅紀さんは単衣の裄丈直しでした。ちなみにミモザさんは羽織の乳の位置変更&羽織紐つけ直し、私(百合)は前回からの持ち越し(!)の袷の裄丈直しでした。

今回は、長着の裄丈直し以外、羽織や帯のお直しもあったので、みなさん自分のお直しを進めつつ、他の方のお直しの様子をそれとなく見たり聞いたりして忙しかったのでは???wink

それでなくとも、他の方の着物や帯ってすごく気になりますものsign03

Onaoshi01208a 着物姿が麗しい。。。お直しの分量や手順の手ほどきを受けていらっしゃるのでしょうか、それとも相談?ミモザさんを始めとしてお着物での参加率も高かったですgood

Onaoshi1208b かけはりを使ってちくちく。。。絶賛お直し中です!小学校で買った裁縫セットに必ず入っていたかけはり、こうやって使いますflair

人数が多かった分、お話しにも花が咲き。。。って率先して喋ってたのは私(百合)かも~、特に昔のネット話(汗)

今回はぱりすさんが時間内に仕上げることができました、ぱちぱちぱちshine

とても素敵な銘仙の羽織、これからの季節に大活躍してくれますね、ぜひいっぱい着てあげてくださいねwink

今回は午後からの開催でしたので、会場を出る頃にはもう、外は暗く寒くなってました、みなさんおつかれさまでしたsign01

                         by 百合

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10月のご報告

台風が近づいていたせいでしょうか、肌寒くどしゃぶり(!)の雨の中、10月のお直し和裁研究会は行われました。

こんなお天気でしたが今回は、初めての方をたくさんお迎えすることができてとても盛り上がりましたhappy01

今回参加者はtamaさん、moccoさん、れもさん、さかいがわがぁこさん、dariaさん。

tamaさんは素敵な袷の大島の裄だしを、moccoさんは途中までされてたウールの単衣と袷の裄だしを、さかいがわがあこさんは鮮やかな朱の袷の袖丈詰めを、れもさんは上品な赤紫(蘇芳?)の袷の裄だしを、dariaさんは引き抜きの昼夜帯の作り変えを、とみなさんそれぞれにとりかかられました。ミモザさんは八掛の付け替え(うーん高度な技だ。。。)を、わたくし百合はたぶんお召しだろうとおもう、織りの袷の裄だしをしました。

Onaoshi091026a 作業風景全景。。。みなさん、真剣です。

でもおしゃべりもいっぱいしました!happy02

Onaoshi091026b 鮮やかな紅絹が眩しいです

Onaoshi091026c みなさま、初めてご覧になった?

和裁用の鏝にも質問が集まりましたhappy02

tamaさんは時間内に完成!ぱちぱちぱちshine

ぜひ着てお出かけしてくださいねflair

外は雨も風も強くて寒かったけれど、ずっと熱気に溢れてた一日でしたgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月のご報告

ううっ、今月こそは早くアップしようと思ってたのにorz

次回はガンバります!?

さてさて、例年ならまだまだ残暑もあったこの時期ですが今年は早々に、過ごしやすい日が続いてますね。今回もそんな日でした。

今月の参加者はみーこさん、kemiさん。

お二人とももうすっかりお馴染みなので、手もサクサク動きますが同じくらい口の方も動いてたかも(汗)

みーこさんは長羽織の袖丈&裄直しを、kemiさんは単衣の裄丈直しを、ミモザさんは長さの短い名古屋帯の長さ出し、わたくし百合は途中で止まってた絽小紋の裄直しを完成させました。絽ですから来年(の夏)まで仕舞い込んでしまうのでその前に、という駆け込みお直しでした(^^;)

みーこさんの羽織は表面が滑らかでとてもシックな生地でしたが、ちょっと生地が弱かったようで、キセ山や折り目の辺りなどが擦り切れて薄くなってる箇所が幾つかありました。

そしてそういう場所には補強のため、共布で裏打ちがされていました。とても気に入って着ていらしたのね、ということがうかがわれたのと同時に、これまでの日本ではそうやって、最後の最後まで丁寧に着ていたのだ、ということに改めて目を見開かされました。

Onaoshi0909016_2 作業風景です。今回は、いつもの和室ではなく体育館棟の小会議室で行われました。久しぶりの、椅子に座っての作業はちょっと新鮮だったかも(^^ゞ

温暖化の進む昨今は、10月に入ってもまだまだ暑く、袷なんて暑くてといった年が続きましたが今年は、袷の出番が早く来そうですね、着物好きにとっては絶好のシーズン到来、といったところでしょうか。

私も長襦袢その他の準備、早くしなくては(^^ゞ

決して、骨董市へ走って買い込んでくるという意味ではありません、たぶん(汗)

                      by百合

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月のご報告

バタバタしてるうちに遅くなってしまいました、スミマセン!sweat02

今月はお盆明けに行われたのですが、旧盆近くになってようやく梅雨が明けたかのような日差しの照りつける日でした。

この日の参加者はれもさん。

単衣の着物を裄丈直しされたいとのこと、ミモザさんも絽の小紋を、私は単衣の掛け襟の付け直しをしました。

お盆に実家に帰った折り伯母から譲られた単衣なのですが、掛け襟(共襟)の折り目あたりにファンデーションと思しきシミがついておりまして。。。

縫い方によっては、襟付けのときに掛け襟も一緒に縫い込む方法もあるのですが、この単衣の掛け襟は襟付け側は縫い込まれておらず、簡単に外せました。

なのでシミの部分が見えないように、縫い付け直すことにしましたhappy02

Onaoshi090817a シミの部分を縫い代の中に完全に隠すことはできませんでしたが、この位置は着た時には見えない部分なので大丈夫!

Onaoshi090817b_3 各部(身頃とか衽とか)がちょっと見え辛いですが、襟付け側の絎けつけがもうすぐ終わるところです。

Onaoshi090817c_4 反対側も絎けつけたら出来上がりです(これもやり方はいろいろですが、私は5ミリほど控えてつけるやり方です)

お下りやリサイクルの着物にはどうしてもこのように、(広)襟の折り目付近にシミがある着物があると思います。そしてそれが購入や、着ることをためらわせてしまう場合も往々にしてあると思います。

でも、この着物のように初めに掛け襟が縫い込まれていなければ、こうして位置を変えて縫い直すことでシミを隠すこともできます、というご紹介でしたhappy02

                by百合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の報告と、8月は・・・?

7月は、とうとう誰もエントリーがありませんでした(涙)。。。

でも、百合さんと私ミモザと2人いれば研究会は成立(笑)、はちゃあんとお直し和裁、やりましたよ!!

2人とも季節に合わせて絽と紗を用意、裄直しに取り組みます。

作業とおしゃべり^^;に没頭しすぎて?終了時間の目算を間違えてしまい、次の団体の方に迷惑をかけてしまいました。。。

20090714 無事裄だしの終わった着物で、昨日お出かけしてきましたよ!

暑かったけど、とても満足度は高かったです♪

さて、例年8月はお直し和裁もお休みしているのですが、7月にエントリーがなかったこと、9月以降私の仕事が立て込みそうで開催が不透明、ということで、もし皆さんのご要望があれば8月の開催も検討しようかと思います。

「8月もやってほしい!」という方がいらっしゃいましたら、コメントをいただけますでしょうか。その際、いつくらいがいいな~というご希望もありましたら合わせてお願いいたします。

ただし、開催はこちらの都合と地区センターの空きとをすり合わせて調整いたしますので、ご了承くださいませ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

6月の活動報告

ううっ、毎度遅い報告ですみませんsweat02

恒例にならぬよう、気をつけます。。。

さてさてどっぷり梅雨の時期ですが、この日はちょっと雨はお休みしてくれました、ムシムシした暑さはいかにも梅雨でしたがcoldsweats01

Onaoshi0629a_2 今日の参加者は紗那ママ さん、みーこさんでした。紗那ママ さんは袷のお直しをすべきか解いて洗い張りするか。。。をまず、ミモザさんとご相談。結果、お直しは断念!?して解きの作業に。

みーこさんはずっとお持ちだったという保多織の単衣の仕立てを。

Onaoshi0629b_2 ミモザさんは麻のお襦袢の丈直しを、私はいったい何年かかってんだか(爆)の綿紬の衿付けを。

のんびりゆったり、会は進みました(^^)

しかーし私はどうも衿付け寸を測り間違えたというかゆるみ分を取りすぎたというか、なかなかぴしっと衿がつかず何度もやり直し(泣)今年の夏中に着られるのでしょうか、とほほ。

きっとみーこさんの方が先に仕上がることでしょう。。。happy02

                          by百合

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5月の活動報告

またまた遅くなってすみませんsweat015月のお直し和裁です

5月も末ともなりますとお天気が良ければ夏日も多い昨今、相変わらず地区センターまでの坂を上るともうそれだけで汗だくだく!?だったりしますcoldsweats01

さて今回の参加者はきむろんさん、亜梨。さんでした。

きむろんさんは男物の単衣を女物にお直ししたいとのこと。早速作業開始です。

Onaoshi0526a 男物と女物はいろいろなところに違いがありますが、ひと目でそれとわかるのはやはりお袖の振りと袖付け、身頃脇でしょうか。女物のお袖は袖付け寸が短く、振りは全開(笑)なのに対して、男物は袖付け寸が長く、振りは全く開いていません。ちなみにこの部分を人形と呼びます。そしてこういった構造ゆえ、身八口もありません。

なので、まずはこの袖付けと人形を解くところから。この着物は色が黒に近くて縫い目が見づらい上、袖付け止まりに笹べりが付けられているという、丁寧な仕立てでしたので解くのは少々大変そうでしたが。。。。

Onaoshi0526b 袖付けをやり直し、身頃脇も解いて身八口を作り、振りを作って絎けて。。。じゃーん、できあがりましたgoodちょっと見づらいですが、身八口が開いているのがわかるでしょうか?時間内にできたのは片方ですが、あの時間でここまでできる手際の良さはすばらしいですshine

亜梨。さんはこの日、どれをお直しするか決めかねたとのことで「亜梨。さんコレクション(!)」をご持参。鞄の中からバラエティに富んだ!?お着物が次々とhappy02

初めに手がけた赤紫の(たぶん)銘仙は熱いコテを当てると変色してしまうことが判明!急遽、別の長着の袖丈直しに変更になりました。

ミモザさんは藍に近い青の涼しげな夏物(薄物?)の裄丈直しを、私は脇縫い代の絎けが残っていた紬の単衣を。月曜の骨董市に間に合うといいなァ(^^ゞ

もうすっかり単衣、そして薄物の季節もすぐそこまで来ています。私も夏帯や絽の半襟などの夏小物も早く出さなくては、と思った初夏の日でした。

                         by 百合

| | コメント (4) | トラックバック (0)

4月の活動報告

うう、すっかり遅くなりましたが4月のお直し和裁です。
やはり年度始めはみなさま、忙しいのでしょうか、ご参加いただける方がいらっしゃらず、これはミモザさんとしっぽりと。。。になるかと思いきや、れもさんがいらしてくださってこじんまりと開催されました。

今回、午後からということでちょっと時間があったので、わたくし百合は初めて着物で行きました~。

え、主催者側なのに初めて???というツッコミは無しでお願いしますcoldsweats01

4月とはいえこの陽気、長襦袢を省略してレース袖の半襦袢だったのですが、長着がポリの袷だったせいか、地区センターへの坂道を登りきった頃には、汗が滲んでおりました。

前置きが長くなりましたが。。。
これからの季節に備えて!?れもさんは絽の長着の裄丈出し、ミモザさんは羽織の袖つけ、私は単衣の紬の身幅出しと裄丈出しをしました。

実は当日の写真を撮り忘れてしまった(!)ので、自宅で撮った私の紬の写真でご容赦くださいませcoldsweats01


Onaoshi0420a_2町田の骨董市で買った、紫がかったピンクを基調とした紬の単衣です。


Onaoshi0420b_2私の太い体に合わせて(!)脇も少し出しました。脇縫いを終えて縫い代を割ったところです。これから折り絎けをします。

Onaoshi0420cお袖と並べてみました。脇縫い代の折り絎けが終わったら袖つけして閂留めをして終わりなのですが、脇縫い代は長いので絎けに時間がかかりそうです。この着物はGW明けすぐにあるお出かけに着たいな~と思っているので、なんとかそれまでに仕上げたいと思います(^^)


                           by百合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の活動報告

今月のお直し和裁は、お彼岸もまだだというのに桜が咲き出しそうな暖かい日になりました。

会場の地区センターは丘の上にあるので汗ばみながら坂を上っていきました(!)

今日の参加者は亜梨。さん、くうさん、野びさん、noriさん。

みなさん、先月の続きの袖丈詰めや裄丈直しを。。。ミモザさんはせっせと付け帯作りに励んでおられました。

Wasai03b 真剣に作業に励んでいます。

しんとした静寂が漂います。

同じものを今日で2度目のためか、皆さん殆ど今日でお直し完成!パチパチhappy01

遅刻した上にしつこく最後まで粘っても完成しなかったトホホだったのは、百合ぐらいでしょうか(汗)

Wasai03a 仕上げのコテをかけています。。。毛抜き合わせのきせ山がずれないように

今日はミモザさんが付け帯を作られてる。。。と思ったら、みなさんごそごそと、帯を取り出される!帯の端のこの文字はなんでしょう、とかタレ先は裏が出る?ならばっと、引き抜き結びの仕方は~と、時ならぬ帯の締め方講習の時間も。

いや~参考になりましたhappy02

4月は年度始めで、まだちょっと予定が立ちませんので直前のご案内になってしまうかと思います、ちょくちょく覗いてみてくださいね。

                                by百合

| | コメント (5) | トラックバック (0)