« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

「きものの喜」銀座庵

着物仲間の桃太郎さんが主催している「きものの喜」銀座庵が来る10月13日(月・祝)に開催されます!今回で3回目になる銀座庵は2F3Fと贅沢に(笑)空間を使い、きものを楽しむ工夫をいろいろなアプローチで紹介します。

3Fはフリマ中心、そして2Fの体験コーナーではこちらお直し和裁からも「シュシュを作ってみよう!」でスペースをいただきました。

Photo_4 完成見本はこんな。

ちょっと不思議~な縫い方であっという間に(?)かわいいシュシュが出来ちゃいます。1個100円で、お針の世界を体験してみませんか?

実は、昨日のお直し和裁で私がやっていたのは、そのシュシュのためのハギレ裁断。Photo_5

あちこちから集めたハギレを切ったりつなげ合わせたりしてせっせと長方形の布を作ってました^^どうですか?みなさん、お好きな布を選んでくださいね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の会のご報告

お彼岸も明けたというのにじわ~っと蒸し暑かったsweat01一昨日のお直し和裁研究会の報告です~^^。

お集まりいただいたのは夏大島の裄直しの亜梨。さん、濃紫色無地袷の袖丈直しと裄直しの万里乃さん。午後からいらしたsana-mamaさんはウール単衣の裄出しと身幅出し。そして百合さんは紬袷の裄詰め、私ミモザは・・・ある作業を(笑・次の記事に書きます)。Photo_7

皆さんよどみなく針を動かしています。おしゃべりももちろん(爆)はずみます。はずみすぎて話題があちこちに飛び、一つの話題の結論になかなかたどり着かなかったり(汗)。

Photo_2

袖丈を直す万里乃さん。

そして袖丈と袖幅が出ました!の図Photo_3

(下に重なった袖がちょっと大きいのがわかりますか?初めて忘れずに成果物の写真がとれた~)。ここまでで時間切れになってしまい身頃の方の直しと袖付けは次回のお楽しみに^^;

夕方にお仕事の入っていた亜梨。さんは「キリのつくところまで~」とアセアセしてらっしゃいましたがどこまでいきましたっけ?対角線上とちょっと遠くにいらしたsana-mamaさん、あまり見てあげられずごめんなさい、たくさん縫うところありましたが進められましたか?

・・・てな具合でちっとも皆さんの様子が把握できていないミモザでした^^;;;;

あっという間にお片づけの時間、手分けしてテキパキと撤収作業をし、次回の部屋を予約してお開きになったのでした~。

次回10月のお直し和裁は、10月28日(火)です!みなさんカレンダーに書き入れておきましょう!!happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「美しいキモノ」9月号に

現在発売されている「美しいキモノ」9月号 の付録に「きものリフォーム手帳」なるものがついています。へえ~こんな大御所の(笑)きもの本でもお直しの特集をするようになったのねぇ、とちょっとパラパラ(とできるほど軽い雑誌ではないがgawk)めくってみました。

きもの2枚の傷んでないところを使っての片身替わりの仕立て、派手な道行きから帯へ、きものから長襦袢へ、などの更生ものから染め返しの例、そしてそして、裄直しや袖丈直しのことまで!・・・・キャーやられたぁ(何を!?笑)と思っったけどでもどちらも1ページでさらっと説明、それも「新しい寸法を引いたら元の縫い方と同じに縫う」ですって。ううーん。

面白かったのは、対丈のきものに「付けおはしょり」なるものをくっつけてみせかけのウソツキおはしょりにする、というアイディア。でもこれって共布じゃないと変ですよね!?

もう一つの大御所、「きものサロン」の方でも悉皆やさんとの付き合い方、みたいな特集があったし、祖母・母世代から受け継いだきものを生き返らせたいという要望は増えてるって事なのかしらと、これからもここでの活動を続けていこう!と意を強くするのでしたrock

written by ミモザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »