« ご挨拶 | トップページ | 11月の予定 »

これまでの経緯

始めましての方々のために、この「お直し和裁」のこれまでの経緯を書いておきますね。

じゅん&eribowさんの「もっと!着物遊び」のおうちフリマやオフ会の中で、「リサイクル店で買った着物やいただいた古い着物、色柄素材はとっても気に入ってるんだけど、裄が短いのよね~」「袖丈が襦袢と合わないと見苦しいってわかっちゃったら気になって」などという声がちらほら聞かれ始めました。

プロにお直しを頼めば下手すれば買った値段より高くなるから自分でなんとかならないか、でも和裁を一から習うのは大変すぎる、そこで「お直し」に絞ったピンポイントの会が開けないか、と言うeribowさんの願いが始まりでした。

そうして洋裁のプロで和裁にも造詣のある百合さんと、お仕立てやアンティーク着物のメンテを細々とやっている不肖ミモザがお手伝いを買って出たのです。

自分で縫えると言っても人にわかるように説明するのはまた別だし、お直しならではの難しさもあるので、最初から大上段に構えて「講座」と銘打つのはおこがましい、と言うことで

お直ししたいものを持っている人たちも、それに一枚一枚当たってこうしたら、ああしたらと悩みつつアドバイスする私たちも両方勉強する「研究会」としてスタートすることになったのです。

第1回を7月に個人宅で行い、その後8月からは十日市場地区センターと言う公共の施設に場所を移し、裄直しや袖丈直しを中心に月1~2回のペースでこれまで続けてきました。

11月は当方の都合で1回だけの開催となりますが「和の輪」とのコラボとなり、また違った切り口で臨めると期待しています。

今後ですが、2人とも本業に追い回されており、申し訳ないのですが年末年始こちらはお休みをいただいて、年明けて落ち着いたら新たに会開催の計画を立てますのでしばらくお待ちくださいませ。

でもブログのほうは寸法のお話やお道具のお話など、お直し和裁に役立つ情報を少しずつ書いていくつもりですので、見捨てないで(笑)下さいね。

written byミモザ

|

« ご挨拶 | トップページ | 11月の予定 »

ご挨拶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487565/8761146

この記事へのトラックバック一覧です: これまでの経緯:

« ご挨拶 | トップページ | 11月の予定 »